ふるさと納税ワンストップ特例制度について

ふるさと納税ワンストップ特例とは

ふるさと納税を行った方のうち一定の条件をみたす方が、寄附先自治体に対し申請を行うことで、確定申告をしなくても寄附金控除が受けられる仕組みです。

ふるさと納税ワンストップ特例の申請方法について

1 対象者

以下、全ての条件を満たす方が対象となります。

  • 会社員等の給与所得者で、年収が2千万以下の方
  • 医療費控除などにより確定申告の必要がない方
  • ふるさと納税を行う自治体の数が、前橋市を含め5団体以内

2 申請方法

(1)「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」の提出

寄附金の受領確認後に、前橋市から寄附者あてに「寄附金税額控除に係る申告特例申請書(以下「申請書」。)」を送付します。
ふるさと納税ワンストップ特例制度を希望する寄附者は、寄附した翌年の1月10日までに、申請書に必要事項を記入および押印の上、下記の提出先まで返信してください。

(2)マイナンバーの記入および確認書類の添付

申請書に、個人番号(マイナンバー)の記入が必要になります。
また、提出する際には、以下の書類2点を添付していただく必要があります。

  1. 個人番号確認の書類
  2. 本人確認の書類
申請方法の表組の画像

(注意)前橋市からは、申告特例書の受理のご連絡は、メールで実施しております。
申告特例申請書の切り取り線以下の部分(以下の画像の部分)は返送しておりませんのでご了承ください。

ふるさと納税ワンストップ特例申請書見本

3 送付先・問合せ先

371-8601
群馬県前橋市大手町2丁目12番1号
前橋市役所未来の芽創造課 ふるさと納税担当宛
電話番号 027-898-6641

4 申請内容に変更があった場合

申請書の提出後に、住所・氏名などに変更があった場合は、「申告特例申請事項変更届出書(以下「変更届出書」。)を、寄附した翌年の1月10日までに、下記の送付先に提出してください。 

ご注意いただきたいこと

  • ワンストップ特例の申請をされた方が、 確定申告や住民税申告を行った場合(医療費控除等による場合も含む)や、 5か所を超える市町村に申請を行った場合は、ワンストップ特例の申請は無効となります。
  • ワンストップ特例の申請をされた方が、 医療費控除等の控除の追加や所得の申告などにより、確定申告や住民税申告をしなければならなくなった場合は、 本寄附金の申告もお忘れにならないようご注意ください。
  •  ふるさと納税ワンストップ特例の適用を受ける方は、所得税からの還付は発生せず、住民税控除で税の軽減が行われます。(ふるさと納税を行った翌年の6月以降に支払う住民税が軽減されます)

前橋市からの重要なお願い



ワンストップ申請される方は、寄附をした年の翌年1月10日までに、必ず書類を提出してください。
期限内の提出に間に合わない場合、ワンストップの特例の適用とならず、確定申告が必要になる場合があります。

ワンストップ特例申請書の発送状況

 

  • 寄附の申込をする際に、ワンストップ特例申請を希望された方
    ワンストップ特例申請書は、寄附受領証明書と一緒に送付しています。
     
  • 12月26日までに寄附金を納付された方
    ワンストップ特例申請書は、12月27日に前橋市より郵送します。
     
  • 12月27日以降に寄附金を納付された方
    ワンストップ特例申請書は、翌年1月6日に前橋市より郵送します。
    ※申請期限は、1月10日までです。期間が短いですが、必ずご提出をお願いします。

 

関連書類

この記事に関する
お問い合わせ先

政策部 未来の芽創造課 シティプロモーション係 ふるさと納税担当
電話:027-898-6641 ファクス:027-224-3003
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日