70歳から74歳の方について(高齢受給者証)

 国民健康保険に加入している前期高齢の方には、70歳の誕生日の翌月1日(1日生まれはその月)から「高齢受給者証」が交付されます。医療機関を受診する際は、保険証と一緒に窓口に提示してください。

一部負担金(窓口負担)について

  • 2割負担(昭和19年4月1日以前生まれの方は1割負担)
     同じ世帯で国民健康保険に加入している前期高齢の方全員の住民税課税所得が145万円未満
  • 3割負担
     同じ世帯で国民健康保険に加入している前期高齢の方のうち一人でも住民税課税所得が145万円以上(基礎控除後の所得の合計が210万円以下の世帯を除く(平成27年1月以降新たに70歳となる国保加入者の属する世帯から適用))
     ただし、その方たちの収入が、前期高齢者一人の世帯で383万円未満、複数の世帯で520万円未満の場合、収入額の申請をすると2割負担(昭和19年4月1日以前生まれの方は1割負担)となります。(8月から翌年7月までを1年とし、前年中の収入で負担割合の判定をします)
     なお、収入額の申請により2割負担(昭和19年4月1日以前生まれの方は1割負担)に該当すると思われる方には、事前に基準収入額による判定に係る申請を勧奨する通知を送付します。
    (注意)医療制度改正により、昭和19年4月2日以降の生まれの方から自己負担割合が2割負担になりました。昭和19年4月1日以前の生まれの人は負担軽減特例措置により、1割負担に据え置かれています。現役並み所得者の方は3割負担で変更ありません。

※詳しい所得区分等については、下記のリンクからご確認ください。

この記事に関する
お問い合わせ先

健康部 国民健康保険課 国保医療係

電話:027-898-6249 ファクス:027-243-9243
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年03月01日