前橋市公式YouTube動画紹介【粕川公民館】

癒しの滝巡り

旭の滝編

前橋市粕川町にある「旭の滝」を動画でご紹介します。

粕川町は、赤城南麓のほぼ中央に位置します。町内を流れる「粕川」は、粕川町の由来となっている川で、赤城山の「小沼」を水源とします。
今回ご紹介する「旭の滝」は、その「粕川」の支流にある滝です。
大きいものではありませんが、岩盤に囲われていて、とても雰囲気があります。滝から出るマイナスイオンが映像から感じられるかもしれません。
【注意事項】
●訪れる際は、天候の悪い日や雨が多く降った次の日などは避けてください。
●途中で沢を渡りますので、足元に十分注意してください。防水性のあるすべらない靴がおススメです。
●虫刺されや小枝等でのケガを防ぐため、夏でも長袖・長ズボンの着用を。
●路肩に車1台ほど停められるスペースがあるのみで、駐車場はありません。

また、現在前橋市では、前橋・赤城スローシティの推進を行っています。スローシティとは、地域の食や農産物、生活・歴史文化自然環境を大切にした個性・多様性を尊重する取り組みです。赤城南麓地域は、スローシティ国際連盟に加入が認められていている地域です。前橋・赤城スローシティ(チッタスロー)について、詳しくはリンク先のページをご覧になってください。
●市ホームページ 前橋・赤城スローシティ(チッタスロー)
https://www.city.maebashi.gunma.jp/gyosei/8/3/1/13430.html

粕川公民館が発行の公民館報「粕川」では、令和2年9月15日号から「粕川の源流域を訪ねて」という記事が新連載されます。町名になった粕川の源流域を訪ね、自然や歴史・文化伝説などを学ぶことができます。
●市ホームページ 公民館報「粕川」
https://www.city.maebashi.gunma.jp/soshiki/kyoiku/kasukawakominkan/gyomu/23507.html

 

◎粕川公民館 027-285-3311 粕川支所 027-285-4111

不動大滝編

赤城山随一の大瀑布「不動大滝」を動画でご紹介します。
湯ノ口滝沢林道沿いの無料駐車場「前不動駐車場」を出発し、「滝沢不動尊」を経由して「不動大滝」を目指します。
粕川の豊かな自然を感じながら、地域の文化財について少し学んでみませんか?

【交通機関】
上毛電鉄粕川駅からタクシーで15~20分

【注意事項】
●途中、急斜面や岩場を歩きます。また、川を渡りますので、足元に十分注意してください。防水性のあるすべらない靴がおススメです。
●虫刺されや小枝等でのケガを防ぐため、夏でも長袖・長ズボンの着用を。
●冬場は路面の凍結にご注意ください。

●市ホームページ 赤城山エリアの登山等に関する注意について
https://www.city.maebashi.gunma.jp/bunka_sports_kanko/2/1/24007.html

オンライン講座

ファミリー手作りパン教室

2020年12月13日に粕川公民館で行われた、子育て・親子支援事業「ファミリー手作りパン教室」の様子を動画にまとめました。

教室では、生地を捏ねるときのコツなど、丁寧に教えてもらいました。

手ごねで作るパンは少し大変ですが、その分美味しく感じられると思います。
ぜひ、ご家庭でパン作りにチャレンジしてみてください。

ミルク食パン

材料(1斤分)

  • 強力粉250g
  • 砂糖20g
  • 塩5g
  • スキムミルク10g
  • ドライイースト5g
  • ぬるま湯180g
  • 無塩バター25g

調理パン(ハムマヨ・コーン)

材料(6個分)

  • 強力粉200g
  • 砂糖15g
  • 塩3g
  • スキムミルク6g
  • ドライイースト4g
  • ぬるま湯110cc
  • 卵20g
  • 無塩バター15g
  • ハム3枚
  • コーン適量
  • マヨネーズ適量

うさぎまんじゅうを作ろう

うさぎの形をしたおまんじゅうの作り方を紹介します。

ご家庭で作りやすいレシピとなっています。

材料(8個分)

  • 薄力粉200g
  • ベーキングパウダー7g
  • 水100g
  • 砂糖25g
  • 打ち粉少々
  • 食紅少々
  • あんこ200~250g

※ガスコンロ(バーナー)がないお家は、うさぎの耳をチョコペンで書いてください。

笑顔で子育て笑いヨガ

笑いヨガは、「笑い」に「ヨガの呼吸法」を取り入れたもので、笑いの効果たっぷりの笑いのトレーニングなんです。

最初は、恥ずかしい・・・と思っても、
お家でお子さんと一緒に「ハハハ」と声を出しているうちに、自然と笑いが出てくるようになります。

かすかわの紙芝居

粕川地区の地域資源を、紙芝居で紹介する動画です。

滝沢のお不動さま

赤城山南面にある「滝沢不動尊」、「不動大滝」について紙芝居でご紹介します。
戦国の世などに思いをはせたり、ハイキングの計画を立てたりするのも楽しいかと思います。
この紙芝居をきっかけに学んでみてはいかがでしょうか。

【不動明王像】(市重要文化財)
応永13年(1406年)邑楽郡佐貫荘(現明和町)の荘官であった藤原沙弥道広が寄進したと伝えられる赤銅製の像。病気平癒、無病息災、家内安全、商売繁盛、交通安全などのご利益があると信仰されています。
【不動大滝】
落差32m、赤城山で一番大きな滝。その美しさと神秘性から人々の信仰の対象となってきました。
【水治療】
昭和6年滝沢不動堂の対岸に松村正巳医師らにより、「赤城山瀧澤水治療養所」が設置され、脳神経、神経痛、リウマチ等の治療が行われていました。

「まえばしウオーキングマップ粕川コース」を歩いてみよう

自然豊かな粕川沿いを歩くのどかなコース

「まえばし23区別ウオーキングマップ」に掲載されている、粕川地区のウオーキングコースを紹介します。

粕川地区は、赤城山の南面に位置し、赤城山火口湖小沼より南流する「粕川」が中央を流れます。粕川河川沿いには、約300本の桜が植えられています。

今回は、「自然豊かな粕川沿いを歩くのどかなコース」を実際に歩いて撮影しました。
桜が見ごろを迎え、動画を見ながらお花見気分を感じることができます。
春の穏やかな陽気の中、川音やさわやかな風を感じながら、ウオーキングを楽しんでみたらいかがでしょうか。

この記事に関する
お問い合わせ先

更新日:2021年04月16日