クラウドファンディング型ふるさと納税トップページ

クラウドファンディング型ふるさと納税とは

ふるさと納税の寄附金使途を自治体の社会課題を解決できるプロジェクトに設定し、そのプロジェクトに共感を得た方から寄附を募る仕組みです。
プロジェクトの運営主体を地方自治体に限定しており、資金を募りたい方と出資したい方をマッチングさせて資金を集める「クラウドファンディング」の仕組みを活用しています。
公共の利益のために資金調達し、お金を活用する仕組みとなっており、納税先や資金使途が明らかで住民の税への関心を高め、地域課題の解決への寄与を期待される、新しいふるさと納税のかたちです。

クラウドファンディンふるさと納税の例

 

(ふるさとチョイスウェブページより参考抜粋)

 

 

前橋市動物愛護団体等活動支援

前橋市保健所から犬猫の引き出しなどでパートナーシップとして協力をいただいている登録動物愛護団体の活動・運営を支援するため、クラウドファンディング型ふるさと納税を実施します。また、各団体からの事業計画に基づき、交付物品購入、その他の事業運営等へ充当するとともに、前橋市の動物愛護事業へも活用します。

各団体のページのリンクです。各団体のページをご覧いただき活動の趣旨の賛同される方はご寄付をお願いいたします。

動物愛護団体あにまーる

https://www.furusato-tax.jp/gcf/2145

わんステップぐんま

https://www.furusato-tax.jp/gcf/2147

ドッグリライフ群馬

https://www.furusato-tax.jp/gcf/2150

犬猫生活福祉財団

https://www.furusato-tax.jp/gcf/2154

ドラクロア・ドッグ・ランチ

https://www.furusato-tax.jp/gcf/2151

募集期間:令和4年11月21日(月曜日)~令和5年2月19日(日曜日)

 

 

 

【前橋工科大学】みんなで創る新校舎~知の宝石箱プロジェクト~

前橋工科大学では、現在、2号館(講義室、研究室等。昭和47年竣工)及び図書館(昭和51年竣工)の2施設について、老朽化等の問題があり、建替の必要性に迫られております。

建替に当たっては、多額な経費が見込まれるため、「みんなで創る新校舎~知の宝石箱プロジェクト~」として寄附を募集します。

令和8年度の供用開始を目指し、多くの方々のご支援とご協力をいただき、高度な学修環境を備えた学びの創出基地として、学生、教職員、地域の人々等に長く愛される施設にしていきたいと考えています。

GCF_【前橋工科大学】みんなで創る新校舎~知の宝石箱プロジェクト~の写真
GCF_【前橋工科大学】みんなで創る新校舎~知の宝石箱プロジェクト~の写真

募集期間:令和4年11月1日(火曜日)~令和5年1月30日(月曜日)

これまでに取り組んだプロジェクト

地方都市の文化芸術を守り・発展させ、市民の文化芸術活動を支援したい!

令和4年11月1日~12月1日まで募集していたクラウドファンディング型ふるさと納税前橋市動物愛護団体等活動支援プロジェクトは終了しました。

アーツカウンシル前橋は、平成27年4月から施行された前橋市文化振興条例に基づき、前橋市の文化行政を推進する新たな仕組みとして、文化行政の専門性、透明性及び公平性を確保することを目的に、平成30年5月24日に設立した組織です。

アーツカウンシル前橋の実施する各種事業をクラウドファンディング型ふるさと納税で支援をすることで、より多くの市民が芸術に触れる機会を創出し、地域の活力と魅力を高め、前橋市の新たな文化の創造を促進することを目的としています。

GCF_地方都市の文化芸術を守り・発展させ、市民の文化芸術活動を支援したい!の写真
GCF_地方都市の文化芸術を守り・発展させ、市民の文化芸術活動を支援したい!の写真

ハンガリーとの国際交流継続へ!柔道を通じたレガシープロジェクト

令和4年7月22日~10月20日まで募集していたクラウドファンディング型ふるさと納税ハンガリーとの国際交流継続へ!柔道を通じたレガシープロジェクトは終了しました。

前橋市は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会において、ハンガリーのホストタウンとなり、柔道競技を通じたレガシーづくりを推進しています。

新型コロナウイルスの影響で東京五輪前のキャンプ受け入れは中止となってしまいましたが、この度、群馬県柔道連盟と親交の深い同国ブタペスト柔道連盟からジュニアチームを招き、交流事業を実施しました。

本事業をクラウドファンディング型ふるさと納税で支援することで、柔道競技の普及やジュニア世代の技術向上、文化交流の継続化を図り、東京五輪のレガシーづくりを推進していきます。

募集期間:令和4年7月22日(金曜日)~令和4年10月20日(木曜日)

 

募集期間:令和4年6月10日(金曜日)~令和4年9月7日(水曜日)

 

ウクライナ人道支援プロジェクト

令和4年6月16日~9月16日まで募集していたクラウドファンディング型ふるさと納税ウクライナ人道支援プロジェクトは終了しました。

現在、ウクライナでは民間人を含めた犠牲者や、国外等への避難を余儀なくされる方など、多くの人々が深刻な危機に直面しています。

前橋市でも、市内に避難されたウクライナ人の方へ語学学習や、生活等の支援を行っており、この支援はふるさと納税等の寄附をもとに実施しています。

避難された方が安心、安全に生活ができるよう前橋市としても継続しての支援をしていきたいと思いますので、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

募集期間 : 令和4年6月16日(木曜日)~令和4年9月16日(金曜日)

 

【コロナ医療戦士クラウドファンディング】プロジェクト

令和2年5月15日~8月12日まで募集していたクラウドファンディング型ふるさと納税【コロナ医療戦士クラウドファンディング】プロジェクトは終了しました。

皆さまからの温かいご支援のおかげで、合計118件、9,140,000円の寄附が集まりました。

いただいた寄附金は、市内の感染症指定医療機関等への医療用資機材の購入費など、医療現場を包括的に支援するために、大切に活用させていただきます。

いただいた寄附金のうち、7,560,000円はすでに医療機関へお渡ししておりますので、残りの金額も可能な限り早くお渡ししたいと思います。

【コロナ医療戦士クラウドファンディング】の写真

また、令和2年6月22日~8月12日まで、市庁舎、市内各支所・市民サービスセンター、中央公民間の計17か所で実施した募金については、合計で612,510円と5US$が集まりました。

こちらについても、寄附金と同様に大切に活用させていただきます。

このような情勢の中、これだけ多くのご寄附をいただいたことに対し、深くお礼申し上げます。

新型コロナウイルスの影響は依然として続いておりますので、引き続き、感染予防に努めましょう。

募集期間:令和2年5月15日(金曜日)~令和2年8月12日(水曜日)

 

【前橋市×南スーダン 夢の東京五輪出場】プロジェクト

平成31年4月1日~令和2年3月31日まで募集していたクラウドファンディング型ふるさと納税【前橋市×南スーダン 夢の東京五輪出場】プロジェクトは終了しました。

皆さまからの温かいご支援のおかげで、南スーダン共和国選手団が充実した環境でトレーニングを行うことができ、また、スポーツを通じた平和促進に向けて、前橋市民との交流行事を行うことができました。本市の取組みに共感し、ご寄附をいただきまして誠にありがとうございました。

東京五輪は延期となりましたが、選手団は令和2年7月まで本市でトレーニングに励む予定ですので、引き続き応援いただけますと幸いです。

募集期間:2019年4月1日(月曜日)~2020年3月31日(火曜日)

 

 

よくある質問

Q1 私は前橋市民ですが、ふるさと納税(プロジェクトの支援)はできますか。

前橋市民の方であっても、ふるさと納税(プロジェクトの支援)は可能です。

総務省からの要請により市民の方に返礼品をお贈りすることはできませんが、通常のふるさと納税と同様に、自己負担額2000円を除く全額が税額控除の対象となります。

なお、通常市民の方が市税を納めるときは「市税の使い道」を選べませんが、ふるさと納税(クラウドファンディング型ふるさと納税を含む)では使い道を選ぶことができるので、思いを市政に直接反映できるようになります。

Q2 プロジェクトの支援方法を教えてください。

クラウドファンディング型ふるさと納税専用サイト(ふるさとチョイス)と、申込書(郵送・ファックス)で支援の申し込みができます。

Q3 クラウドファンディング型ふるさと納税と、普通のふるさと納税の違いを教えてください。

クラウドファンディング型ふるさと納税は、「寄附金の使い道をはっきりと明確にして寄附金を集める」仕組みとなっているところが、通常のふるさと納税との違いです。

目標金額を設定し、現在どのぐらいの寄附が集まっているのかを見える化することで、寄附をする方の共感を得やすい仕組みになっており、特に、社会貢献に関心がある方から注目を浴びています。

なお、クラウドファンディング型ふるさと納税は、通常のふるさと納税と同様に、自己負担額2000円を除く全額が税額控除の対象となります。

Q4 返礼品(お礼の品)はもらえますか。

支援するプロジェクトにより異なります。「ふるさと納税で支援する」のリンク先で、ご確認をお願いします。

 

「ふるさと納税」について詳しくはこちら

関連ページ

この記事に関する
お問い合わせ先

未来創造部 政策推進課 政策連携係 ふるさと納税担当

電話:027-898-6641 ファクス:027-224-3003
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年04月01日