前橋市ふるさと納税 トップページ

「ふるさと納税」で、前橋市の応援をお願いします!

このページでは、ふるさと納税の制度や、本市返礼品についてご紹介しています。
ぜひ、ふるさと納税で前橋市を応援ください。
(前橋市民の方も、返礼品はお渡しできませんが、ふるさと納税の使い道を選択することで前橋市を応援できます。)

ふるさと納税返礼品を紹介します!

大きくて甘い!!前橋産いちご「やよいひめ」

少ない酸味とまろやかな甘みを持つ「やよいひめ」は群馬県で生まれたいちごです。

綺麗な水、豊かな自然で育てられた前橋産の「やよいひめ」は大粒で甘さと酸味のバランスに優れています。ぜひ前橋産いちごをふるさと納税でご賞味ください!

まだまだあります!福豚、焼きまんじゅう、インスタント麺など自慢のメイドイン前橋!

この他にも、前橋市ふるさと納税には魅力的な返礼品がたくさんあります!

各種ふるさと納税ポータルサイトから返礼品をご覧いただけます。

皆さまにピッタリな返礼品がきっと見つかると思いますので、ぜひご覧ください!

申し込み方法

お知らせ

災害支援代理寄付にご協力いただきありがとうございました。(令和6年4月30日更新)

令和6年1月16日から3月31日まで、令和6年能登半島地震の被災地を支援するためのふるさと納税を利用した災害支援代理寄付の受付を行いました。

みなさまからのご協力のおかげで、総額21,114,900円の寄付を集めることができました。いただいた寄付のうち、必要経費を差し引いた金額を令和6年5月9日に各被災地へ送金させていただきます。

自治体別の寄付金額は以下のとおりです。

七尾市:2,524,000円

珠洲市:10,433,400円

羽咋市:676,500円

志賀町:1,934,000円

穴水町:2,527,000円

能登町:3,020,000円

思いやり型返礼品と移住者支援返礼品を充実させます!(令和5年11月13日更新)

ふるさと納税制度については、総務省による地場産品基準の厳格化等により、本年10月からより適正な運営が求められています。本市ではこれを機に、ふるさと納税本来の趣旨である「寄附を通じて地域に貢献する仕組み」をより推進するための返礼品を充実させます。

「道の駅まえばし赤城」内にある「ショップカフェQU」で取り扱っている積み木や雑貨等、障がいがある方が手作りした品を登録していく予定です。

移住者支援としては、移住者の方が手作りしている醤油糀や綿花などを登録していく予定です。

前橋市ふるさと納税大使カードを作成しました!(令和5年6月29日)

昨年度に引き続き、本市ふるさと納税大使に就任いただいております、埼玉西武ライオンズ高橋光成投手の写真を使用した「ふるさと納税大使カード」を作成しました!

配布期間:令和5年6月21日~令和6年1月31日

本市へふるさと納税により寄附された方に申込順で1枚ずつ送付させていただくほか、市内施設などで無料配布させていただきます!

枚数が無くなり次第終了となりますので、ご希望の方はお早めに入手ください!

前年度に続き、令和5年度も埼玉西武ライオンズの高橋光成投手にふるさと納税大使に就任いただきます(2023年3月30日更新)

高橋投手には、昨年度大好評であった「前橋市ふるさと納税大使カード」の作成をはじめ、本市ふるさと納税を周知いただく予定です。

ふるさと納税大使
埼玉西武ライオンズ高橋光成選手

高橋投手からのコメント
2022年に続いて2023年も前橋市のふるさと納税大使に就任させていただくことになりました。
前橋市の特産品の「いちご(やよいひめ)」やソウルフードの「焼きまんじゅう」などを返礼品としてもらえたり、寄付されたお金は、「子どもたちの健やかな成長を見守るプロジェクト」を始め、様々なプロジェクトに活用されます。
皆さまから前橋市への応援、どうぞよろしくお願いします。

 

ふるさと納税で、ウクライナ人道支援寄附金を募ります。(2024年1月29日更新)

 

 

現在、ウクライナでは民間人を含めた犠牲者や、国外等への避難を余儀なくされる方など、多くの人々が深刻な危機に直面しております。

前橋市に避難してきたウクライナ避難者の方の支援を、令和4年4月18日よりふるさと納税を通じて実施しています。皆様からいただいた寄附等を元に、避難者の方の日本語学習・生活費等の支援、日本赤十字社の運営するウクライナ人道危機救援金への寄附等に活用しています。

令和5年12月31日現在、寄附件数160件、寄附金額1,409,000円のご支援をいただいております。

ウクライナ避難民支援に関するふるさと納税には、返礼品はございませんが、引き続きみなさまのご協力のほどよろしくお願いいたします。

【申込サイト】 前橋市楽天ふるさと納税

 

寄附金の使い道について

みなさまからいただいた寄附金は、大切に使わせていただきます。

いのちを守るまちづくり 健康医療支援プロジェクトを追加しました(令和4年11月14日更新)

前橋市では「健康医療都市まえばし」を掲げ、市民一人ひとりが安心して健康な生活を送れるよう健康増進・医療推進事業に取り組んでいます。
本プロジェクトでは、AEDのコンビニ設置等、救急医療体制や健康危機管理体制の充実・強化のための取組みに活用いたします。

本プロジェクトに関するふるさと納税には返礼品はございませんが、みなさまの応援をよろしくお願いいたします。

「ふるさと納税の対象となる地方団体」の指定

前橋市は、令和5年10月1日から令和6年9月30日まで「ふるさと納税の対象となる地方団体」として総務大臣の指定を受けています。

この指定により、本市へのふるさと納税は、これまでどおり特例控除の対象となります。引き続き、本市への応援をよろしくお願いいたします。

ふるさと納税詐欺サイトにご注意ください!!

ふるさと納税詐欺サイト注意

ふるさと納税の受付を偽装した詐欺サイトの存在が確認されています。
詐欺サイトの手口は巧妙になりつつありますので、注意を怠ると大きな被害を受ける可能性があります。
詳しくはこちらから

埼玉西武ライオンズの高橋光成投手に「前橋市ふるさと納税大使」を委嘱

ふるさと納税埼玉西武ライオンズ高橋投手

©SEIBU Lions

高橋投手就任コメント

 

この度、前橋育英高校時代に過ごした前橋市のふるさと納税大使に就任しました。

前橋市のメニューには、返礼品に加え、児童養護施設などから巣立つ子どもたちへ向けた支援のほか、教育や福祉など幅広い分野で、社会生活を送るうえで、支援が必要な子どもたちの暮らしを応援する取り組みもあります。

ぜひ、多くのみなさまのご協力をよろしくお願いいたします。

【委嘱理由】

高校時代を前橋育英高等学校で過ごした高橋投手。在学中には、第95回全国高等学校野球選手権大会において、同校初優勝という偉業の立役者となり、本市に大きな喜びをもたらしてくれました。
埼玉西武ライオンズに入団以降、定期的に本市を訪れており、本市にゆかりがあるとともに、知名度も高いことから、ふるさと納税事業の宣伝に貢献いただけると考え、大使への就任を依頼しました。

【大使としての主な取組み】

本市が実施するふるさと納税PR事業への協力や関連イベントへの出席等を予定しています。

【委嘱期間】

令和3年3月24日から

思いやり型返礼品プロジェクト「きふと、」

kifuto

思いやり型返礼品を通じて、「寄附とその先」を形にするプロジェクトです。

「思いやり型返礼品」とは、寄附をすることで、「自分のためでなく誰かのためになる」、「社会貢献に繋がる」ふるさと納税返礼品のことです。

本市では、福祉作業所自主製品の提供による障害者支援を実施する支援型、福祉施設等への返礼品の贈呈を行う寄贈型の2種類を実施しています。

ご案内

企業版ふるさと納税について

企業様からの寄附のお申し込みについて、本社が前橋市外にある場合は、「企業版ふるさと納税」制度を活用した寄附ができます。

この記事に関する
お問い合わせ先

未来創造部 政策推進課 政策連携係 ふるさと納税担当

電話:027-898-6641 ファクス:027-224-3003
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2022年03月25日