SDGsの取組が進んでいる企業を取材しました!

SDGsの取組が進んでいる企業を訪問し、お話を聞いてきました。

こうした先進的な取り組みを参考にしながら、みんなの力でSDGsを進めていきましょう。

群馬ヤクルト販売株式会社

【取組に関連するSDGsのゴール】

【取組に関連するSDGsのゴール】

群馬ヤクルト販売の外観

群馬ヤクルト販売株式会社の建物外観

〇会社概要
商号:群馬ヤクルト販売株式会社
所在地:前橋市高井町
1-7-1
創業:1955年6月
設立:1971年5月
従業者数:889人(2021年2月末時点)

〇ご対応者
広報部部長の大山さん
未来価値創造部次長の武藤さん

SDGsを進める上での基本的な考え方を教えてください。

(左から)武藤次長さんと大山部長さん

(左から)武藤次長さんと大山部長さん

群馬ヤクルトの使命は、一人でも多くのお客様に「健康と美」をお届けすることです。ヤクルトの信条にはSDGsに通じる想いが込められています。

特に、SDGsのゴール3「すべての人に健康と福祉を」を実現するために、ヤクルトが貢献できることが多いと考えています。

具体的には、「対話による健康のお届け」、「社会貢献活動」、「協定に基づいた県市町村との取り組み」、「働きやすい環境づくり 健康経営の実現」という4つのアクション事例を進めているところです。

それでは、4つのアクション事例について、伺っていきたいと思います。まず、「対話による健康のお届け」について、取組を教えてください。

ヤクルトレディによる住宅へのお届け

ヤクルトレディによる住宅へのお届け

ヤクルトレディが各住宅に直接商品をお届けするのがヤクルトの強みです。

ヤクルトの商品を通じて、一人でも多くのお客様の健康に貢献します。

また、訪問するお客様の中には、一人暮らしのお年寄りの方もいて、高齢化が進行する中で、対話を通じた見守り活動も行っているところです。

こうした取り組みにより、振り込み詐欺の防止に繋がった事例が年数件あるほか、体調の急変に気付いたという事例も出ています。

次に、「社会貢献活動」について、取組を教えてください。

認知症サポーター講習

認知症サポーター講習受講の様子

認知症サポーター講習を受講し、認知症に対する理解を深めています。
現在、市内で「日赤跡地生涯活躍のまち」を整備しておりますが、群馬ヤクルトも参画し、エリア内に認知症の伴走型相談拠点を設置し、認知症サポーターとして本人や家族に対して日常的・継続的な支援を提供します。

このほか、消防局からの依頼により、ヤクルトレディによる住宅用火災報知機の設置案内などを行っています。

続いて、「協定に基づいた県市町村との取り組み」について、取組を教えてください。

前橋市との包括連携協定締結式

前橋市との包括連携協定締結式

群馬ヤクルトは県内に33か所の営業所がありますので、地域に根差した会社として地域づくりに貢献していきたいと考えています。

こうしたことから、前橋市など、県及び7市6町2村と協定を締結し、自治体と連携・協力して健康・福祉・教育・防災・まちづくりに取り組んでいます。

次に、「働きやすい環境づくり 健康経営の実現」について、取組を教えてください。

救命講習の受講

救命講習受講の様子

企業内に託児施設があり、従業員が子育てしながら働くことができる環境づくりを進めています。

また、ヤクルトレディが救急講習を受講し、もしもの時に備えています。

このほか、お届け車両として、電気自動車や燃費の良い軽自動車を配備し、環境負荷が小さくなるよう留意しています。

ありがとうございました。最後に、今後の取組について、教えてください。

課題解決に向けて、引き続き自治体とともに知恵を絞り、“誰一人取り残さない”取組を進めていくことで、住みやすいまちにしていきたいと考えています。

関連するページ(内部リンク)

この記事に関する
お問い合わせ先

未来創造部 政策推進課

電話:027-898-6512 ファクス:027-224-3003
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2022年03月28日