マスクの着用について

新型コロナウイルス感染症の基本的な感染対策として、マスクの着用は極めて重要であり、会話をする際等にはマスクを着用していただくよう、様々な場面で皆様にお願いをしているところです。

このマスク着用に関しては、どういった場面で外してよいのかという声や、気温や湿度が高くなる季節においては、熱中症のリスクが高くなることを懸念する声などがあります。

こうしたことを踏まえ、厚生労働省並びに子ども家庭局から、マスク着用についての考え方が示されましたので、お知らせいたします。

屋外・屋内でのマスク着用について

マスクを着用する必要がないのは、以下のような場合です。

 

屋外

・屋外で2メートル以上を目安として他者との距離が確保できる場合

(ランニングなどの運動、鬼ごっこのような密にならない遊びなど)

・人とすれ違うことはあっても、会話はほとんど行わない場合

(徒歩での通勤など)

屋内

・他者との距離が確保でき、会話がほとんどない場合

ただし、以下の場合にはマスクを着用しましょう

・近い距離で会話をするような場合

・通勤電車の中など他者との距離が確保できない場合

・高齢者と会うときや病院に行くときなど

夏場のマスクについて

夏場は熱中症になるリスクが高くなるため、マスクを着用する必要がない場面では、積極的にマスクを外しましょう。

子どものマスク着用について

2歳未満

・マスクの着用は推奨しません。

2歳以上の就学前の子ども

・他者との距離にかかわらず、マスクの着用を一律には求めません。

関連情報

この記事に関する
お問い合わせ先

健康部 保健予防課 感染症対策係

電話:027-220-5779 ファクス:027-224-0630
〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号(保健センター4階)
お問い合わせはこちらから

更新日:2022年06月03日