福祉医療費の支給申請について

申請の概要

下記のような場面に該当し、医療機関で自己負担が発生した場合、申請をいただくことで福祉医療費を支給します。

  • 県外の医療機関を受診した。
  • 医師の指示により、補装具を作成した。
  • 医療機関で福祉医療費受給資格者証を提示し忘れた。
  • 高校生世代の子が入院をした。

※検診料、診断書代などの健康保険適用外の医療費については、給付の対象外となります。

 

申請の際に必要なもの

申請に必ず必要なもの

  • 福祉医療費受給資格者証
  • 健康保険証
  • 領収書(保険点数等の記載があるもの)
  • 認印(朱肉を使用するもの)
  • 振込先口座の分かる通用やキャッシュカード(※注)

※注:受診をした方が未成年の場合には、保護者の方の通帳をお持ちください。

治療用装具を作成した場合

上記の他に、

  • 医師の意見書又は診断書
  • 健康保険から発行される療養費支給決定通知

該当する方のみ、必要なもの

  • 福祉医療以外の公費負担医療制度をご利用されている方は、その受給者証
  • 健康保険から高額療養費が支給された場合、「支給決定通知」
  • 受診の際に「限度額適用認定証」を提示した場合、その認定証

取り扱い窓口

  • 市役所2階23番窓口
  • 大胡・宮城・粕川・富士見支所
  • 城南支所(※注)

※注:城南支所については、前橋市国民健康保険又は後期高齢者医療保険加入者の、治療用装具作成に伴う支給申請のみ、受付可能となります。

申請書様式

注意事項

領収書は、受診をした方の氏名、診療点数などが記載されているものをお持ちください。また、領収書に医療機関の領収印が押印されていない場合、申請を受け付けられないことがありますのでご注意ください。

郵送での手続き方法について

振込までの期間

前橋市へ払い戻しを行った月の翌々月の10日に、申請口座へ振り込みとなります。
なお、振込予定日が土日祝日の場合は、直前の平日に振り込みとなります。

※入院をした際に限度額適用認定証をお持ちでない場合や、高額療養費等の給付金が発生している場合などには、支給額の算定に時間を要するため、予定日よりも振込に時間がかかる場合があります。

行政手続法(条例)などの処理基準

  • 前橋市福祉医療費の支給に関する条例第7条
  • 前橋市福祉医療費の支給に関する条例施行規則第5条

関連記事

この記事に関する
お問い合わせ先

健康部 国民健康保険課 医療給付係

電話:027-898-6253 ファクス:027-243-9243
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2021年01月12日