プラネタリウムの紹介

児童文化センターのプラネタリウムは、光学式とデジタル式を組み合わせたハイブリッドタイプ。県内最新のプラネタリウムを、オリジナル番組と職員の生解説でお楽しみください。

プラネタリウムクロノス
星空

児童文化センターのプラネタリウム

星空

前橋市児童文化センターのプラネタリウムは、限りなく本物に近い星空の再現を目指しました。直径12mの水平型ドームには、1000万個の星を映し出すことのできる光学式と、コンピュータで計算した星空をプロジェクターで投影し、宇宙旅行等も再現できるデジタル式を組み合わせたハイブリッド式プラネタリウムを設置しています。

投影番組

マスコットキャラクター

投影番組は、星座にまつわる話を中心とした、幼児から楽しめる「星座のお話」と、天文についての様々な現象等をわかりやすく解説した、小学生から大人まで楽しめる「天文学シリーズ」の2種類です。
 これらの番組は、全て市民の方々等に原画作成や声優をお願いして制作した児童文化センターのオリジナル作品で、毎月、1本ずつ新番組を制作して更新しています。

一般投影

投影の様子

平日火曜日と木曜日は「星座のお話」、水曜日と金曜日は「天文学シリーズ」。土曜、日曜、休日と学校の長期休業日には「星座のお話」と「天文学シリーズ」各2回投影しています。投影時間は約40分。どの投影でも、当日の星空や話題の天文現象等を係員が生で、楽しくわかりやすく解説します。
 楽しい番組と、美しい星空をお楽しみください。

学習投影、団体投影

前橋市内の全小学校の4年生と6年生を対象に、月や季節の星座についての指導を行う学習投影を実施しています。また、市内の幼稚園・保育所・保育園や中学校、特別支援学校についても希望により学習投影を行っています。その他、20名以上の団体については、団体投影が可能です。投影内容等のご相談にも応じますので、詳しくは、お問い合わせください。

イベント

イベント

年に数回、プラネタリウムでの星空解説と、天体望遠鏡での天体観望を組み合わせた市民天文教室や、プラネタリウムでの生演奏をお楽しみいただくプラネタリウムコンサートなどのイベントを開催しています。
 その他、市内の小中学校を天体望遠鏡を持ってお伺いして、季節の星座や天体を観察する移動天文教室も開催しています

この記事に関する
お問い合わせ先

教育委員会事務局 青少年課 児童文化センター

電話:027-224-2548 ファクス:027-243-8361
〒371-0013 群馬県前橋市西片貝町五丁目8番地


お問い合わせはこちらから

更新日:2019年08月02日