(創業支援)創業サポート総合制度について

前橋市は、創業者の借入金にかかる利子と保証料の一部を補助するとともに、企業経営の専門家である中小企業診断士の無料コンサルティングを提供することで、皆様の事業の資金面と経営面の両面から応援します!

制度概要図の画像

制度内容

対象者

  1. 市内に事業所を設置し、新たに事業活動を始める方
  2. 中小企業者及び中小企業団体で、事業開始後3年を経過していないもの

いずれも、過去1年以内に本制度の利用申請を行っていない場合に限ります。
また、制度対象外の業種は、農業、林業(素材生産業及び素材生産サービス業を除く)、漁業、金融・保険業(保険媒介代理業及び保険サービス業を除く)、その他、群馬県使用保証協会の保証対象外業種、市長が別に定める事業となります。

利用条件

当市が指定する中小企業診断士のコンサルタントを受け、制度の利用が可能と判断された者で、前橋市起業家独立開業支援資金融資制度を利用するもの。
または、群馬県、日本政策金融公庫の創業関連融資を利用するもの。
(前橋市起業家独立開業支援資金融資制度は下のリンクよりご確認ください。)

制度内容

1.コンサルタントの実施

中小企業診断士によるコンサルタント(最大8回)

2.利子補給

制度利用者が金融機関へ支払う利子で、融資利率1%以内。
※前橋市起業家独立開業支援資金利用者のみ対象。
※上記コンサルタント(定期診断)を予定通り受けていることが求められるます。

3.保証料補助

1,500万円までの借入金に係る保証料のうち、保証料率1%を上限とした、保証料相当額の補助。但し、制度利用者が保証料を支払わない場合は、この対象とはなりません。

※前橋市起業家独立開業支援資金利用者のみ対象。
※上記コンサルタント(定期診断)を予定通り受けていることが求められます。

利用期間

1.コンサルタント

融資実行日を起算日として3年まで受診できます。(定期診断6回必須)
その他、最後の定期診断前までに適宜受けられる自由診断が2回まであります。

2.利子補給

本制度による融資実行後3年間に係る利子が対象です。

3.保証料補助

本制度による保証料の当初3年間に係るものが対象です。

申込方法

制度利用申請書のほか、開業計画書、その他必要となる書類を、前橋市産業政策課宛に郵送または直接ご提出ください。

申請書類

  1. 制度利用申請書(必須)
    (様式第1号)制度利用申請書(ワード:54.5KB)
    (様式第1号)制度利用申請書(PDF:209.1KB)
  2. 開業計画書と開業計画書月次案(両方とも必須)(注意)書ける範囲の内容で結構です。
    開業計画書(ワード:74KB)
    開業計画書(PDF:119.8KB)
    開業計画書(書き方見本)(PDF:263.6KB)
    開業計画書月次案(Excelブック:41KB)
    開業計画書月次案(PDF:42.3KB)
    開業計画書月次案(PDF:42.3KB)
  3. 制度利用に関する誓約書(必須)
    (様式第19号)同意書兼誓約書(ワード:34.5KB)
    (様式第19号)同意書兼誓約書(PDF:179.8KB)
  4. 申請者が給与所得を得ていたことを証明する書類(これから創業を行う場合)
  5. 登記事項証明書(法人)又は開業届(個人)の写し(既に登記又は開業している場合に限る)
  6. 事業の許認可証の写し(該当する場合に限る)
  7. 見積書、図面(該当する場合)、カタログ

初回診断で制度利用が不可能と判断された方でも、1度に限り前橋市及びその他自治体等が実施する創業セミナー等で十分な知識を深められたと判断されれば、1年以内の再度チャレンジが可能です。
その際は、上記の各種申請書類の他に、下記の再チャレンジ申請書を提出してください。

利用の流れ

(制度利用まで)申込みから結果通知まで概ね1ヶ月程度の時間がかかります。

  1. 制度利用申請書などの申込書類一式を前橋市へ提出します。
  2. 中小企業診断士と初回診断の日程等を調整します。(中小企業診断士より連絡があります)
  3. 中小企業診断士の診断(コンサルタント)を受けます。
  4. 診断結果(制度の利用対象の可否判定)が前橋市より通知されます。
  5. 制度利用可能と判断された方は、前橋市起業家独立開業支援資金制度の利用手続を金融機関と行ってください。(診断結果が出る前に手続を始めていただいても構いませんが、融資実行日は必ず制度利用可能の通知があってからにしてください。制度が利用できなくなります。)
申請手続きの流れの画像

(注意)制度利用不可能と判断された方でも、金融機関の許可が出れば「前橋市起業家独立開業支援資金融資制度」の利用は可能です。但し、この場合は本制度の無料コンサルタント、利子補給、保証料補助は受けられません。

コンサルタントの流れ

中小企業診断士は、一覧の中から選べます。希望が無い場合は、市が指定する診断士から診断を受けていただきます。

定期診断(初回診断を含めて6回まで)

初回診断の後は、融資実行日を起算日として、半年、1年、1年半、2年、3年の応当日前後1ヶ月以内に必ず定期診断を受けていただきます。(半年後は前後2ヶ月までで可能)

※定期診断の未受診がある場合は、翌年1月にある利子補給及び保証料補助の申請受付ができなくなります。

自由診断(2回まで)

その他にも希望があれば、3年後に行われる最終の定期診断までの間に、自由に日程が設定できる自由診断(2回まで)を受けていただくことが可能です。

申込方法

担当の中小企業診断士と連絡を取り、面談内容と面談日時を調整し、面談時に下記申込書を中小企業診断士へ提出してください。
また、面談時には、売上等の経営実績をまとめた資料(決算書も可)をコンサルティング実施時に担当の中小企業診断士へ提出してください。
面談に事前に必要な書類がある場合は、面談前に担当の中小企業診断士まで直接送付してください。

申請書等

コンサルの流れの画像

利子補給の流れ

交付内容は、1月1日から12月31日までの間に、本制度を利用して支払った前橋市起業家独立開業支援資金制度に係る利子(融資実行後3年間分)で、融資利率の1%までの額となります。(1,000円未満の端数は切り捨て)

申請期間は、毎年1月中であり、下記の書類を産業政策課へ提出していただきます。

  1. 利子補給金交付請求書
    (様式第11号)利子補給金交付申請書(ワード:32.5KB)
    (様式第11号)利子補給金交付申請書(PDF:73.7KB)
  2. 利子支払証明書(支払った利子分が明確になるものであれば、金融機関での所定様式でも可能)
    (様式第12号)利子支払証明書(ワード:18.4KB)
    (様式第12号)利子支払証明書(PDF:114.5KB)
    (注意)書類を用意する際に必要となる、手数料等は自己負担となります。
  3. 市税の完納証明書(原本)
  4. 利子補給金交付請求書
    (様式第14号)利子補給金交付請求書(ワード:30KB)
    (様式第14号)利子補給金交付請求書(PDF:99KB)
利子補給の流れの画像

保証料の補助の流れ

本制度を利用して支払った、前橋市起業家独立開業支援資金に係る、保証開始日から3年間の保証料を補助します。(1,000円未満の端数は切り捨て)但し、当初借入金1,500万円までに係る保証料で、保証料率1%までのものが対象になります。算出方法は要綱をご覧ください。

申請期間は、毎年1月中で、下記の書類を産業政策課へ提出していただきます。

  1. 保証料補助金交付申請書

平成26年3月31日までに融資実行になった方は、様式第15号の1で申請してください。

平成26年4月1日以降に融資実行になった型は、様式第15号の2で申請してください。

  1. 保証料率、保証総額が証明されるもの(保証決定のお知らせ等)
  2. 信用保証料領収書(平成26年3月31日までに融資実行になった方)
    保証料の支払いが証明される書類(平成26年4月1日以降に融資実行になった方)
    金融機関が発行する計算書等
  3. 市税の完納証明書(写し)
  4. 保証料補助金交付請求書

(注意)群馬県信用保証協会からの領収書等の書類は申請時に必要になりますので、必ず保管をしていてください。

保証料補助の流れの画像

諸事情により本制度を利用する必要がなくなった場合には、制度利用を中止するため辞退届を提出してください。

要綱

制度に関する詳細はこちらをご覧ください。

関連書類

関連記事

この記事に関する
お問い合わせ先

産業経済部 産業政策課

電話:027-898-6983 ファクス:027-224-1188
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年03月28日