【受付中:令和4年2月28日まで】まちなか低未利用地等活用促進事業補助金

制度概要

まちなかの空き地や平面駐車場、老朽化した建物のある土地において、自ら事業を行う事業者を支援します。なお、事前申請が必要となりますので、まずはご相談ください。

※申請が予算額に達した場合は、受付できないことがあります。あらかじめ、ご了承ください。

補助対象者

対象区域内(下図参照)にある低未利用地など(空き地や平面駐車場、老朽化した建物のある土地)において、自ら事業を行う事業者で以下に当てはまる方

  • 週4日以上の営業を行うこと
  • 群馬県信用保証協会の対象業種であること

対象事業

令和3年4月1日から令和4年2月28日までの間に交付申請した上で、令和4年3月31日までに事業が完了し支払いが完了となるもの※補助金交付決定以前にした事業に係る経費は対象外とします。

診断・審査

希望する方は、中小企業診断士の診断を受けることができます。

対象区域内の指定通り(下図参照)に面する1階店舗等で事業を行う方は中小企業診断士の診断と一般社団法人前橋デザインコミッションの審査を受けます。

対象経費

対象区域内(下図参照)で新規出店・開業のために行う新築工事・リノベーションに係る費用

※リノベーションとは老朽化等により使用していない建築物を改修して、活用すること

※店舗併用住宅及びテナント物件を併設する場合は、自ら事業を行う店舗部分のみ対象

※対象とならない経費

  • 補助金申請以前に着手したものに係る経費
  • 消費税などの公租公課
  • 備品購入費
  • 調査・設計費用
  • 解体工事費用
  • 土地取得費用
  • 登録免許税
R3対象区域

【注意】着工前に申請が必要です

市から交付の決定を受ける前に、対象となる工事や備品購入をした場合は、助成の対象になりません。必ず事業の開始前に申請してください。

補助金額等

【補助率】

対象経費(税抜)の1/2以内

【補助上限額】

店舗面積及び補助金額
店舗面積 昼間主 夜間主
150平方メートル未満 100万円 50万円
150平方メートル以上250平方メートル未満 200万円 100万円
250平方メートル以上 300万円 150万円

昼間主:8:00~15:00の間に1時間以上の営業を行う事業者

夜間主:上記昼間主以外の事業者

前橋市アーバンデザインに適合する店舗等や情報通信業には加算措置があります

〇前橋市アーバンデザイン適合加算

対象区域内の指定通り(上図参照)に面する1階店舗等で実施する事業が一般社団法人前橋デザインコミッションによる審査を受け、前橋市アーバンデザインに適合すると判断された場合に、以下の加算があります。

※補助率は対象経費の1/2となります。

【加算額(上限額)】

30万円

希望者は中小企業診断士の診断を受けることができます

補助金申請の際に中小企業診断士により補助対象事業としての可否を診断し、可と判断された方は、6か月、12か月、18か月、24か月、36カ月ごとの定期診断を行い、事業計画、経営内容について助言を受けることができます。

申請などに必要なもの

【交付申請時に必要なもの】(1~6、15~17はページ下部よりダウンロードできます)

  1. 交付申請書(様式1号)
  2. 事業計画書(様式2号)
  3. 収支予算書(様式3号)
  4. 収支計画書(様式4号)
  5. 資金計画書(様式5号)
  6. 誓約書(様式6号)
  7. 会社経歴書(法人)、又は履歴書(個人)など
  8. 納税証明書(未納税額のない証明)
  9. 出店場所(住所)が分かる資料
  10. 営業内容が分かる資料
  11. 対象経費の見積書
  12. 設計図書等(配置図、平面図、立面図等)
  13. 工事前写真(施工前の写真)
  14. その他参考となる書類
  15. 中小企業診断士の診断・助言申請書(様式2-1号)※1
  16. 前橋市アーバンデザイン適合審査・助言申請書(様式3-1号)※2
  17. 前橋市アーバンデザイン適合申告書(様式3-2号)※2

※1中小企業診断士の診断を受ける方は提出してください。

※2一般社団法人前橋デザインコミッションの審査を受ける方は提出してください。

【実績報告時に必要なもの】(1~4はページ下部よりダウンロードできます)

  1. 実績報告書(様式14号)
  2. 事業報告書(様式15号)
  3. 収支決算書(様式16号)
  4. 補助金返還規定に関する同意書(様式17号)
  5. 補助事業に係る領収書の写し、又はその他支出を称すると認める書類の写し
  6. 建物竣工写真
  7. 建物の全部事項証明書(登記簿謄本)の写し(新築の場合)
  8. 資格、許可等の写し
  9. その他参考となる書類

取り扱い窓口

前橋市役所 産業経済部 にぎわい商業課 商業振興係(K’BIX元気21まえばし)

電話番号:027-210-2188

ファックス:027-237-0770

提供書式

要項・チラシ

注意事項

  • 予算額に達した時点で、受付は締切ります。
  • 申請前の着工は認められません。
  • 以下の場合は、補助金の交付決定の全部又は一部が取り消されます。
     偽りその他不正手段により交付決定又は交付を受けた。
     補助金を他の用途に使用した
     変更承認通知を受けずに業態等を著しく変更した
     交付決定後、令和4年3月31日までに開業しない
     事業完了予定日までに実績報告書の提出ができない(事業報告期間延伸に関する承認通知を受けた場合を除く)
  • 開業日から起算して3年以内に対象店舗等を閉店、移転または大幅に営業内容を変更する場合、協議書(様式21号)の提出があり、補助金の返還を求める場合があります。
  • 納期限内に補助金返還がされない場合は、前橋市補助金交付規則の規定に基づき遅延損害金を徴収します。
  • 補助事業の遂行に関する説明及び実地調査に応じることを求められた場合は、これに応じなければなりません。
  • 補助事業に係る収入及び支出を明らかにした書類帳簿等を常備し、事業終了後5年間保存し、提出を求められた場合は、これに応じなければなりません。
  • 補助金要項の別表1に記載の業種は対象外です。
  • 当補助金の申請は1事業者につき1回限り申請ができます。

この記事に関する
お問い合わせ先

産業経済部 にぎわい商業課 商業振興係

電話:027-210-2188 ファクス:027-237-0770
〒371-0023 群馬県前橋市本町二丁目12番地1号 K'BIX元気21まえばし 1階
お問い合わせはこちらから

更新日:2021年04月02日