国民健康保険税の税額が去年と違う(国保税の変更通知が届いた)のですが、理由が分かりません

下記の理由が考えられます。

  • 課税限度額の変更
    令和2年度は、課税限度額が引き上げになりました。
    医療給付費分63万円(令和元年度は、61万円)
    後期高齢者支援金分19万円(据え置き)
    介護給付金分17万円(令和元年度は、16万円)
  • 5割軽減及び2割軽減の拡充
    軽減対象となる所得基準額が引き上げになりました。
  • 所得の変更
    前年の所得に対して所得割が課税となりますので、所得が変われば課税される税額も変更になります。また、1月1日現在に前橋市に住民登録をしていない人は、市民税の課税権がないため、所得が分かりません。
    このような人は転入前の所在地に照会しますが、賦課計算時に間に合わないときは、所得が分かるまで均等割、平等割だけ課税します。そのため、後で所得が分かったときに所得割が課税され、税額が変更になります。
  • 世帯員の増及び減
    同世帯の方が社会保険等から国保に加入した場合は、その人の所得割、均等割が加算されます。逆に同世帯の方が国保の資格を喪失した場合は、減額されます。
  • 介護納付金分の課税
    年齢が40歳になりますと、介護納付金分が課税されるため、税額が変更になります。

この記事に関する
お問い合わせ先

健康部 国民健康保険課 賦課係

電話:027-898-6250 ファクス:027-243-9243
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年07月09日