「第2期前橋市耐震改修促進計画」について

本計画は、第1期満了に伴い、前橋市耐震改修促進計画を改定しました。

背景

平成19年7月新潟県中越沖地震、平成23年3月東日本大震災、平成28年4月熊本地震など、各地で大地震が頻発しており、大地震はいつ・どこで発生してもおかしくない状況にあるとの認識が広がっています。
国においては、「建築物の耐震改修の促進に関する法律」を改正(平成25年11月施行)し、住宅や特定建築物(病院、ホテル、店舗等の多数の者が利用する施設)の耐震化率を平成32年度までに95%とすることを目標としています。
前橋市では、国の基本方針、群馬県耐震改修促進計画(平成28年11月策定)を勘案し、「第2期前橋市耐震改修促進計画」を策定します。本計画は、市民が地震対策の重要性を確実に認識できるよう普及啓発することや、これまで実施している支援策の周知を行い、これまでよりも強力な耐震化の促進に取り組むものです。

計画の目的

地震による被害の軽減に向けて耐震化の促進に取り組み、安全で安心して暮らせるまちづくりを推進することを目的とします。

計画の位置づけ

建築物の耐震改修の促進に関する法律第6条第1項に基づいて前橋市が策定する計画であり、耐震化率の目標及び耐震化の促進に取り組む基本的な施策を定めています。

計画の期間

平成28年度から平成32年度まで

計画の内容

その他関連する事項

その他、耐震診断や耐震改修等に関連する事項は、下記からご覧いただけます。

この記事に関する
お問い合わせ先

都市計画部 建築指導課 指導係

電話:027-898-6752 ファクス:027-223-8527
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年06月13日