城南地区地域づくり協議会

城南地区は、平成22年4月24日に前橋市の「地域づくり推進事業第4次モデル地区」の指定を受け、平成23年7月26日に城南地区地域づくり協議会総会が開催され、地域づくり活動がスタートしました。本協議会の概要を紹介します。

名称

城南地区地域づくり協議会

代表者

会長  茂木 瑞穂

地区の概要

 城南地区は、前橋市の東南部に位置し、標高は低いところが下増田町の65メートル、高いところが西大室町の174メートルと比較的平坦な地形で雄大な赤城山の裾野の南端に広がり、約32平方キロメートルの地域面積は、富士見地区、宮城地区に次ぐ市内で3番目の広さを有しています。 地区内には、桃木川や荒砥川などの河川と、季節ごとに変わる田園風景や小高い林の緑など恵まれた自然の中に、前橋総合運動公園や大室公園等の公園施設が整備されています。また、大室公園内にある国指定史跡の前・中・後二子古墳を代表とする多くの文化財や、二之宮式三番叟や各地区伝統行事などがあり地域の人々が保存や継承に携わっています。
 交通は国道50号線や上武道路(国道17号線)を始め幹線道路が地区内を横断し、さらに南端には北関東自動車道が通過するとともに、JR両毛線の駒形駅があります。地区内には工業団地や住宅団地及び大学や専門学校等の教育施設が整備されています。
 城南地区は16町16自治会があり、地域の活性化と住民の交流を支え、地域活動への参加を推進しています。令和元年5月末日現在、世帯数7,301世帯、人口18,712人(男性9,332人、女性9,380人)で、人口はここ数年横ばいで推移していますが、高齢化率は30パーセントを超え市全体の率を上回る状況で推移しています。

活動方針

 城南地区地域づくり協議会は、地域における自然環境や文化財・伝統芸能を愛し、地域住民の支えあいと自主・自立性の強化を図りながら、誰もが楽しく、安全に安心して暮らせる地域づくりを進めます。

活動内容

 協議会は、活動方針に基づき地域に必要なことや地域にできることの具体化を検討しながら、地域課題の解決に向けて、地域全体で取り組む活動を行います。

組織

  • 地域づくり協議会は、城南地区の各町自治会長及び各種団体会員、自治会推薦者、入会希望者により構成され、総会で事業計画や予算・決算などを決定ています。
  • 協議会には、次の役員を置いています。
    • 会長 1名
    • 副会長 2名
    • 会計 1名
    • 監事 2名
  • 事業を推進するために次の部会及び委員会を置いています。
    自然環境部会
    文化財部会
    地域福祉部会
    安全・安心対策部会
    地域内交通運営委員会

事業計画

城南地区地域づくり協議会の主な事業計画

推進本部

  • 城南地区地域づくり協議会総会
  • まえばし地域づくり推進大会への参加
  • 城南地域づくり通信の発行(年2回)
  • 城南地区文化祭へ活動状況の展示

自然環境部会

  • 荒砥川自然観察会の実施
  • 荒砥川右岸の草刈りの実施(年2回)
  • 荒砥川子ども絵画コンクール及び写真コンクールの実施
  • 荒砥川源流探訪の実施(みやぎ地域づくり交流会と合同で隔年実施)

文化財部会

  • 城南地区の文化財に関する講演会の実施
  • 中二子古墳の石室位置確認の調査研究
  • 城南地区各町の歴史や文化財及び伝統文化などの調査研究

地域福祉部会

  • 城南福祉のつどいの開催
  • おばあちゃんの知恵に学ぶ三世代交流会の実施(食に関すること)
  • おじいちゃんの知恵に学ぶ三世代交流会の実施(ミニ門松づくり)
  • サロン運営円滑化の推進(サロン交流会)

安全・安心対策部会

  • 移動販売車巡回活動の継続と充実
  • 講座の開催(ボランティア育成や世代間交流)
  • 地域コミュニティとの連携

地域内交通運営委員会

  • 高齢者に優しい地域公共交通網構築の実現
  • 先進地視察(高齢者対策に関する視察の実施)

運営費

 地域づくり協議会は、各種補助金(市及び城南地区各町自治会)や委託金(県自治会等河川草刈り作業委託)などで運営しています。

関連書類

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 生活課 城南支所(公民館)

電話:027-268-2111 ファクス:027-268-5038
〒379-2117 群馬県前橋市二之宮町1320
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年07月04日