季節性(高齢者)インフルエンザワクチンの定期予防接種のお知らせ

前橋市では、インフルエンザ予防接種を、令和元年10月1日から12月31日までの期間実施します。

予防接種法で定められたインフルエンザ予防接種は、主に個人予防のために行うものであることから、受けなければならないという法律上の義務はありません。自分の意志で接種を希望する人に行うものです。気にかかることや分からないことがあれば、予防接種を受ける前にかかりつけの医師や保健所に相談しましょう。

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こります。インフルエンザにかかった人が咳やくしゃみなどをすることにより、ウイルスが空気中に広がり、それを吸い込むことによって感染します。

典型的な症状は、突然の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などで、のどの痛み、咳、鼻水などもみられます。普通のかぜに比べて全身症状が強いのが特徴です。特に高齢者や慢性疾患をお持ちの人は、気管支炎や肺炎などを合併し重症化することがありますので注意してください。

対象者(市内に住民登録がある者)

(1)接種当日満65歳以上の人

(2)接種当日満60歳以上65歳未満の人で、心臓や腎臓または呼吸器の機能に重い障害がある人及びヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に重い障害のある人(これに該当するかどうかは主治医にご相談の上、保健予防課へご連絡ください。確認の上、予診票を発行します。)

接種期間

令和元年10月1日から令和元年12月31日までの期間

*ただし、昭和29年12月20日から、昭和29年12月31日生まれの人については、令和2年1月15日まで接種期間を延長します。

*この期間に接種ができなかった場合は、全額自己負担となります。

接種費用

本人負担額 1500円

生活保護世帯及び中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立支援に関する法律による支援給付受給世帯の人は無料

(医療機関で受給者証等を提示してください。)

*本人負担額1500円で受けられるのは、今年度1人1回のみです。

接種場所

市内の医療機関・県内の契約医療機関

(かかりつけの医療機関が望ましい)

*一部実施していない医療機関もありますので、直接電話でお問い合わせの上、確認をしてから受診してください。

*県外の医療機関での接種を希望される場合は、前橋市発行の依頼書が必要になりますので保健予防課へご連絡ください。

予診票

対象者(1)の人は予診票をお送りします。(世帯封入で9月末より順次発送)

対象者(2)の人は、主治医に相談し、保健予防課に申請し予診票の発行を受けてください。

持ち物

インフルエンザ予防接種予診票(水色の用紙)

健康保険被保険者証

予防接種の副反応

・局所症状:接種後注射の跡が、赤みを帯びたり、はれたり、痛んだりすることがありますが通常2~3日のうちに治ります。

・全身症状:わずかながら熱が出たり、寒気がしたり、頭痛、全身のだるさなどがみられることもありますが、通常2~3日のうちに治ります。

・過敏症:まれに接種直後から数日中に発疹、じんましん、紅斑、掻痒(かゆみ)等の症状が現れることがあります。非常にまれですが、重大な副反応としてショック、アナフィラキシー様症状(じんましん、呼吸困難、血管浮腫等)があらわれることがあり、そのほとんどは接種後30分以内に発症します。

予防接種健康被害救済制度

極めてまれに脳炎や神経症状などの重い副反応が生じることもあります。このような場合に厚生労働省が予防接種法に基づく定期の予防接種によるものと認定したときには、予防接種法に基づく健康被害救済の給付の対象となります。給付される費用には、医療費、医療手当、障害年金、遺族年金、遺族一時金、葬祭料があります。

給付申請の必要性が生じた場合には、接種した医師、保健予防課へご相談ください。

この記事に関する
お問い合わせ先

健康部 保健予防課 感染症対策係

電話:027-220-5779 ファクス:027-223-8835
〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号(保健所2階)
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年10月01日