福祉医療制度について

事業の概要

子ども、母子家庭の母と子・父子家庭の父と子及び父母のいない子、重度心身障害者、高齢重度障害者の医療費について、申請により助成が受けられます。

対象者

1 子ども

  • 15歳に達する日以後の最初の3月31日(中学校卒業)までの子ども
    (ただし、4月1日生まれの者にあっては、15歳の誕生日の前日まで。)
  • 所得制限等はありません

2 母子・父子家庭等

  • 母子(父子)家庭で18歳に達する日以後の最初の3月31日(高校卒業)までの子どもを扶養している方とその子ども
    (ただし、4月1日生まれの児童にあっては、18歳の誕生日の前日まで)
  • 父母のない18歳に達する日以後の最初の3月31日(高校卒業)までの子ども
    (ただし、4月1日生まれの児童にあっては、18歳の誕生日の前日まで)
  • 対象は所得税非課税の方に限ります
    ※ただし、所得税法等の一部を改正する法律(平成22年法律第6号)による年少扶養控除及び特定扶養控除の上乗せ部分の廃止がなかったものとして計算された所得税が0円となる場合は、所得税が課せられていないものとみなします。

3 重度心身障害者

  1. 特別児童扶養手当等の支給に関する法律施行令別表第3の1級
  2. 国民年金法施行令別表の1級
  3. 身体障害者福祉法施行規則別表第5号の1,2級
  4. 療育手帳制度要綱のA判定
  5. 知能指数35以下
  6. 年金各法による2と同程度の障害者
  • 上記のうちいずれかに該当する方

4 高齢重度障害者

  • 後期高齢者医療加入者で上記3の障害に該当する方

手続き方法

申請により認定します。手続きには、該当者の健康保険証、来庁する方の身分証明書のほか、申請する制度により個々に添付書類が異なります。また、認定日は出生および県内転入による申請を除き、原則、申請日となります。詳しくはお問い合わせください。

支給方法

(1)県内受診の場合

健康保険証と福祉医療費受給資格者証を医療機関へ提出してください。保険診療の自己負担限度額までを福祉医療費で助成します。
自己負担限度額を超えた額はいったん窓口でお支払いただく場合があります。その場合、お支払いいただいた額はご加入の健康保険に申請すると高額療養費として支給されますが、残額がある場合は市に申請することにより支給となります。医療費が高額になる場合、あらかじめご加入の健康保険から「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けてください。

※平成31年4月から重度心身障害、高齢重度障害により福祉医療費を受給している方の入院時食事療養費標準負担額については、受診時に福祉医療費受給資格者証と併せて「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提出した場合に限り助成されます。

(2)県外受診の場合

一度、医療機関の窓口で自己負担額をお支払いいただき、後日申請いただくことで自己負担した額を支給します。手続きの詳細については、下記リンク「福祉医療費の支給申請について」をご覧ください。

※検診料や診断書代などの健康保険適用外の医療費は助成の対象外となります。

※平成31年4月から重度心身障害、高齢重度障害により福祉医療費を受給している方の入院時食事療養費標準負担額については、受診時に福祉医療費受給資格者証と併せて「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提出した場合に限り助成されます。

各種申請書ダウンロード

その他福祉医療に関する各種届出や申請を行う場合には、こちらをご利用ください。

関連記事

この記事に関する
お問い合わせ先

健康部 国民健康保険課 医療給付係

電話:027-898-6253 ファクス:027-243-9243
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日